> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
<お別れの会>双葉十三郎さん=29日、東京会館で(毎日新聞)
 双葉十三郎(本名・小川一彦)さんとのお別れの会=映画評論家、09年12月12日死去=29日午後2時、東京都千代田区丸の内3の2の1の東京会館。会費8000円。発起人は、映画評論家の品田雄吉さんら。

地下鉄サリン事件15年、遺族や関係者が献花(読売新聞)
民主・輿石参院議員会長「国民は我慢して」 支持率低下に(産経新聞)
「朝鮮総連と一線を画してほしい」 朝鮮学校視察の橋下知事(産経新聞)
「キンドル」のベストセラー 「無料書籍」ばかりのカラクリ(J-CASTニュース)
<女子トイレ侵入>容疑で開星教諭逮捕 盗撮目的か 島根(毎日新聞)
[PR]
# by w2arimt4h2 | 2010-03-23 14:55
<新型インフル>流行水準下回る 患者報告数「1」以下に(毎日新聞)
 厚生労働省は12日、1〜7日のインフルエンザ定点医療機関(全国約5000カ所)からの患者報告数は1施設当たり0.77(前週1.36)だったと発表した。昨年8月に流行の目安となる「1」を超えて以来、初めてこの水準を下回った。厚労省は「最近10年のインフルエンザでは最も長期間の流行だった。流行の山が下がってきたことには安堵(あんど)しているが、自治体によっては依然1を超えており、警戒を続ける」としている。

<愛子さま>学習院初等科の終業式出席 雅子さま付き添って(毎日新聞)
瀕死の1羽、歩行可能に=予断は許さず−環境省(時事通信)
「6カ国予備会合」案を協議=中国特別代表と斎木局長(時事通信)
解雇宣告に激怒、ホテル支配人刺す 清掃員逮捕(産経新聞)
<新型インフル>ワクチン接種は推定2278万人(毎日新聞)
[PR]
# by w2arimt4h2 | 2010-03-19 04:16
大阪空港から中国に 和歌山パンダ「幸浜」、繁殖へ出発(産経新聞)
 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で生まれた4歳のオスのジャイアントパンダ、幸浜(こうひん)が15日、繁殖のため大阪(伊丹)空港から成田空港経由で両親の故郷、中国へ出発した。

 和歌山から車で運ばれた幸浜は同日午前5時ごろ、伊丹空港に到着。係員が幸浜の入ったおりを台座に固定し、獣医が体調を確認するなどした後、全日空の成田行き旅客機に搭載した。

 過去2回行われた同様の輸送は関西空港から直行したが、今回は関空発の旅客機が小さすぎ、伊丹から成田を経由。16日午後に四川省の「成都ジャイアントパンダ繁育研究基地」に着く予定で、幸浜にとっては思わぬ長旅となった。

【関連記事】
中国へ里帰り 和歌山のパンダ「幸浜」歓送会
期待がかかるパンダの“実子”誕生 石原知事「5万ドル値切った」
上野動物園にパンダが復活
石原知事、パンダ復活「繁殖で日本製のパンダを」
目玉の“万博パンダ”が上海へ 四川省から空輸
20年後、日本はありますか?

ウィーン少年合唱団で性的虐待か(スポーツ報知)
総務相が再び遅刻=野党側の反発で流会−参院総務委(時事通信)
内閣支持率、続落30.9%=参院選投票先、民・自並ぶ−時事世論調査(時事通信)
<チリ地震>気象庁がM8.6からM8.8に変更(毎日新聞)
「政治とカネ」に危機感=成果自負も−政権半年で閣僚(時事通信)
[PR]
# by w2arimt4h2 | 2010-03-17 14:41
愛知の幼児ら3人殺傷、懲役22年確定へ(産経新聞)
 愛知県安城市のスーパーで平成17年、幼児ら3人を殺傷したとして、殺人などの罪に問われた無職、氏家克直被告(39)の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は、氏家被告側の上告を棄却する決定をした。懲役22年とした1、2審判決が確定する。決定は8日付。

 公判をめぐって弁護側は「統合失調症の影響で心神喪失だった」と無罪を主張。しかし、1審名古屋地裁判決は責任能力を限定的に認定、2審名古屋高裁も支持した。

 1、2審判決などによると、氏家被告は17年2月4日、同市内のスーパーでナイフを盗み、愛知県岡崎市の青山翔馬ちゃん=当時(11カ月)=の頭部を刺して殺害。翔馬ちゃんの姉=同(3)=と、安城市の女性を蹴ってけがをさせた。

【関連記事】
自宅放火、心神耗弱認めず有罪 裁判員裁判で責任能力争う初ケース
耳かき殺人、争点は責任能力 公判前整理手続き
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官
加藤被告側、責任能力争う方針 秋葉原殺傷
心神喪失で無罪を主張 母親殺害事件初公判
20年後、日本はありますか?

<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
皇太子さま、ガーナで英世の志継ぐ日本人激励(読売新聞)
漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)
「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言(産経新聞)
<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
[PR]
# by w2arimt4h2 | 2010-03-16 08:08
医師と患者手助け 人体そっくり模型 シリコーン研究 強度の欠点克服(産経新聞)
 ■池田市の44歳社長、再起かけた異業種挑戦実る

 医師や医学生が外科手術の練習用に使う臓器の生体模型を作る大阪府池田市の個人経営の会社「ティー・エム・シー」に注目が集まっている。この模型は独自のシリコーン素材を使用し、ゴムなどで作られた従来品と違い、弾力や感触が生体そっくりだからだ。社長の堀孝津さん(44)は以前、食品梱包(こんぽう)材の問屋を経営していたが、BSEや鳥インフルエンザ問題で資材需要が減少し廃業。4年かけ、素材への深い知識を生かし再チャレンジに成功したという。

 生体模型開発を手がけるきっかけは、平成18年に大手医薬品会社に勤める友人から、素材の知識が豊富なのを買われ、手術練習用臓器モデルに適した素材の相談があったことだった。当時、経営していた問屋を廃業したところだった堀さんは韓国の輸入雑貨を取り扱う友人や医師の知人の協力を得て、研究に着手した。

 シリコーンを選んだ理由は、今の生体模型の主流のプラスチックやゴムよりも弾力や手触りの調整がしやすいこと。それまでもシリコーンを使った生体模型はあったが、時間が経過すると溶けてしまったり、縫合の際に糸を引っ張るとちぎれたりする短所があった。

 堀さんらは4年かけて硬さや弾力性が人体にそっくりになるよう調整。溶けたり、ちぎれたりする強度面の欠点も克服した。「腹腔(ふくくう)に手を入れて臓器に触れたときの感触と非常に近い」と、医師の評判もいいという。

 現在は大阪大などの医師と相談しながら映像や写真などから臓器の形状を整えるなどの設計を行い、韓国のメーカーに製造を委託。大学病院や医療器具会社から引き合いが増え、業績はここ2年、右肩上がりだという。病巣の複雑な構造を再現し、模型の裏側から手術の仕組みを確認できる鼠(そ)径(けい)ヘルニアの模型は日本と韓国で特許を申請中だ。

 堀さんは模型を手術の練習用だけでなく、患者や家族への説明にも使ってほしいと考えている。実は、義父が胃を手術して先月下旬に退院したが、医師からの手術前の説明はよく理解できず、模型があったらよりわかりやすいと感じたという。堀さんは自らが手がけた模型が患者や家族の安心につながるなら、「社会にも貢献できる」と意欲を語った。

普天間移設 ホワイトビーチ沖合案が浮上(毎日新聞)
<盲導犬事故死>歩行補助具ではない…名古屋地裁判決で指摘(毎日新聞)
気象大学校の見直し検討、国交相が表明(読売新聞)
首相、企業・団体献金禁止法案の今国会成立に期待感 国民新は反発(産経新聞)
ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露(産経新聞)
[PR]
# by w2arimt4h2 | 2010-03-11 15:08
   

秘書のカリスマを目指して
by w2arimt4h2
> 最新のトラックバック
木落
from すぐ読める!ニュース早読み隊!
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧