> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
> <共産党大会>志位委員長を再任 市田書記局長も(毎日新聞)
 共産党の第25回党大会は16日、静岡県熱海市の党施設で最終日の会合を開き、志位和夫委員長(55)と市田忠義書記局長(67)の再任を決めた。同日採択した大会決議は(1)農業に甚大な打撃を与える日米FTA(自由貿易協定)反対(2)林業再生(3)漁業・漁村振興−−を明記し、夏の参院選に向けて保守地盤にも支持を広げる姿勢を鮮明にした。

 大会では参院選の目標を「比例代表は650万票以上で5議席、東京選挙区で議席確保」と設定した。だが、志位氏が00年に委員長就任後、同党は国政選挙で一度も議席を増やしたことがなく、参院選は党の生き残りをかけた正念場となる。志位氏は記者会見で「自民党の解体状況が生まれ、民主党政権も期待を裏切りつつある。頑張り抜けば(目標達成は)可能だ」と強調した。

 人事では不破哲三前議長(79)が常任幹部会委員に留任する一方、准中央委員を06年の前回大会の14人から35人に増やし、平均年齢を53歳から40歳に引き下げて世代交代にも着手した。【中田卓二】

【関連ニュース】
共産党大会:志位委員長ら再任へ
志位委員長:オバマ大統領に会いたい 党大会でラブコール
共産党:党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ
共産党:旗開き 「参院選で躍進しよう」…志位委員長
共産党:政権を批判 党大会、参院選控え独自色

16日からセンター試験=大学受験シーズン到来−インフル対策で個別追試も(時事通信)
自民中堅が政策グループ「のぞみ」 山本有二氏ら5人(産経新聞)
<歌会始>「皇后さまと握手、心が震えるた」入選の全盲女性(毎日新聞)
<イカ型ロボ>小型軽量化した新型2種が完成(毎日新聞)
救急病院の軽症患者から特別料金徴収も 診療報酬改定の骨子(産経新聞)
[PR]
by w2arimt4h2 | 2010-01-22 15:28

秘書のカリスマを目指して
by w2arimt4h2
> 最新のトラックバック
木落
from すぐ読める!ニュース早読み隊!
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧